一般社団法人 おもてなしマイスター協会は経済産業省が創設した「おもてなし規格認証」の認証機関です。

パナソニック㈱ パナソニックセンター大阪

同事業所の主な成果指標

◆ 2013年4月の開館から2018年1月に累計来場者数が1,000万人を突破し、パナソニックブランドのイメージ・認知度向上に多大な貢献
◆ リフォームを中心としたコンシェルジュの相談対応件数も順調に伸びており、同事業所の取り組みが多くの実績につながっている。

同社全体として高いおもてなしを生み出している仕組み

【お客様の相談を具現化する場づくりの展開】
◆ ナビゲーターとコンシェルジュの連携により、顧客が描く理想の暮らしを具現化
◆ 顧客情報を整理・分析し、嗜好やニーズ・傾向を関連部門で共有
◆ CS調査やミステリーショッパーを活用した、顧客視点での客観的評価の活用

【組織の壁を越えたコミュニケーションの活性化と連携】
◆ 従業員全員による対話を通じてまとめたビジョンの浸透
◆ お客様の声から課題を解決するために組織を超えて編成されるワーキンググループ
◆ ロールプレイングを中心とした応対研修の定期開催

同事業所では、ストーリー性のある体験型住空間の提案やコンシェルジュサービス等を通じて顧客の夢や理想を具体化させるとともに、顧客情報を収集・分析し、接客品質の向上を図っている。また、商品に対する意見・要望については関連部門へフィードバッグし、商品の改善・開発に役立てている。
また、全従業員による組織を横断した複数のワーキンググループを立ち上げて対話の機会を多く設けており、こうした取り組みがおもてなし力を生み出し高い顧客満足度を実現している。

同事業所の特徴

◆ 単なる商品展示ではなく、新しい暮らしを始める人の物語(リライフストーリー)をベースにした13の体験型の住空間を再現し、お客様の理想の暮らしを提案。
◆ リフォーム・シニアライフ・不動産・ファイナンシャルなどの専門サポートを行う総合コンシェルジュサービスを展開
◆ 「趣味を始める」から「家づくり」まで段階的に学べるセミナーや自治体などと連携した各種イベント等を開催

同事業所は、55歳以上をコアターゲットに暮らしやライフスタイルの提案を行う情報受発信拠点として同社ブランドイメージの向上や商品開発にも寄与している。商品提案中心の従来型ショールームと一線を画し、顧客起点による体験型のライフスタイル提案・体験施設として、顧客の夢や思いを形にするサポートを行っている。

パナソニック㈱ パナソニックセンター大阪

住所〒530-0011
大阪市北区大深町 4番20号 グランフロント大阪 南館 2階~地下1階
電話番号06-6377-1700
交通アクセスJR大阪駅/地下鉄御堂筋線梅田駅/阪急電鉄梅田駅/阪神電鉄梅田駅/地下鉄谷町線東梅田駅/地下鉄四つ橋線西梅田駅/JR東西線北新地駅 
営業時間・定休日10時~20時
※一部サービスは18時まで
サイトURLhttps://www.panasonic.com/jp/corporate/center/osaka.html