一般社団法人 おもてなしマイスター協会は経済産業省が創設した「おもてなし規格認証」の認証機関です。

ACALL株式会社

事業についてご紹介ください。

OMOTENASHIエンジンによる来客対応RPAサービス「ACALL(アコール)」の開発および販売をしております。

ACALLはタブレット端末のiPadを使って、アポイント・受付・入退館・会議までを一元管理し、来訪するゲストを気持ちよくおもてなしすると同時に、業務の効率化をサポートいたします。ゲストのことを理解したOMOTENASHIエンジンが、待たされることなく、スピーディーに、ストレスなく、気分を害する事なく、来訪者(ゲスト)をご担当者(ホスト)に最適につなぎます。

 

2016年7月にリリースして以来、大手企業ほか、スタートアップ企業など、約1500社のお客様にご利用頂いております。

ACALLならではのおもてなし(サービス)を教えてください。

ビジネス来訪プロセスであるアポイント・受付・入退館管理・呼び出し・ドリンクオーダー・会議室管理など各プロセスを弊社独自のOMOTENASHIエンジンにより自動連携します。オフィス来客シーンの非効率を解決するだけでなく、おもてなしサービスを付加価値としてご提供しております。

おもてなし規格認証を取得しようと思ったきっかけは何ですか?

新しいおもてなしのスタイルを社会に提唱するからには、まずは自分たちがおもてなしを理解実践しなければいけないと考え、取得することを決めました。弊社の経営理念である、新しい働き方を自ら実践して発信する、考えのもとで、自分達がまずおもてなしを実践することで、サービスの改善につなげてまいります。

取得するにあたり、また取得してどのような変化がありましたか?

審査の一環としてACALLをご利用頂いているお客様へアンケートを実施したのですが、頂いた回答により、お客様がわかりづらいと感じている事や今後改善すべき点などを明確に把握する事ができました。これはとても大きな収穫でした。

また、外国のお客様への対応方法についてが特に足りていないことを改めて認識しました。今後事業をグローバルに展開していきたいと思っているので、こちらは全社を挙げて取り組むべき課題であり、早急に対応するべきだと痛感しました。

反省点や改善点が見えた一方で、弊社では当たり前だと思ってやっていた事が実は「おもてなし」であった事は、「おもてなし」を大切に考えている弊社にとって嬉しくもあり、自信にもつながりました。

また、お客様アンケートで頂いた温かいお言葉は、とても励みになりました。

今後おもてなし認証をどのように活用していきたいですか?

認証証や認証マークをPRしていくのはもちろんですが、紺認証を取得できたという事に自信を持ち、今後も「おもてなし」の心を大切に、お客様に向けてよりよいサービスを提供し続けていきたいと思います。

また、紺認証取得で終わりではなく、更に上のステージである紫認証取得を目標に「おもてなし」を極めていきたいと思います。

ACALL株式会社

住所〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町104 2F
電話番号078-599-8419
交通アクセス各線三宮駅より徒歩10分
営業時間・定休日電話によるサポート:平日9:00~18:00
メールによるサポート:24時間365日
サイトURLACALLサービスサイト https://www.acall.jp
ACALLコーポレートサイト https://corp.acall.jp