一般社団法人 おもてなしマイスター協会は経済産業省が創設した「おもてなし規格認証」の認証機関です。

株式会社ショーケース・ティービー

事業についてご紹介ください。

インターネットをもっと使いやすく、人に優しいものにしたい。そんなシンプルな想いから、“豊かなネット社会を創る”という企業理念を掲げました。現在のネットの世界では利用者がネットの作法に合わせなければならないため、利用者のITリテラシーの格差によって受けられるメリットに大きな差が生まれていたり、訪問したWebサイトから多くのユーザが離脱してしまう、などの機会損失が生じています。
当社では、Webサイト最適化技術により成約率を高める「ナビキャストシリーズ」の提供および、ユーザの行動データを活用した広告サービスやスマートフォンアプリを活用したWebマーケティングの研究と支援事業を行っています。

ショーケース・ティービーならではのおもてなし(サービス)を教えてください。

私たちショーケース・ティービーが提供するサービスは必ず「おもてなし」要素が含まれています。インターネットを利用する環境において、「あれ?使いにくい」「あれ?見づらい」「あれ?分からない」「あれ?このまま使い続けると怖いな」というような不便や不満・不安を感じるインターネットユーザの「不」を解消し、快適なインターネットライフを送るお手伝いをしています。

おもてなし規格認証を取得しようと思ったきっかけは何ですか?

「おもてなし規格認証」という言葉を見て、「これは是が非でも認証をとらなくてはならない!」と思ったことがきっかけです。東京オリンピック招致のあの有名なプレゼンテーションから「おもてなし」のキーワード露出が急増したような感じがしますが、弊社では会社立ち上げ当初から『インターネットにおもてなしの心を』の理念のもと、サービスを提供してまいりました。BtoBサービスなので、なかなかエンドユーザの方の目に触れることはありませんが、実は、ECで有名なあの会社や金融大手のカード会社さんも弊社のサービスを導入されているので、知らないうちに利用いただいているかもしれません。これを機により多くの方に弊社を知っていただけたら嬉しい限りです。

取得するにあたり、また取得してどのような変化がありましたか?

 おもてなし規格認証の審査を通して、「おもてなし」という極めてあいまいな日本人の精神的思考を定義づけられたことにより、弊社のできていること・できていないこと、最低限対応するべきこと等を改めて認識することができたのはとても大きな収穫であったと感じています。
特に、元々社内での認識のあった「自社サービスや社内外コミュニケーションにおける外国語対応が弱い」という点など、知見のある審査ご担当者様から第三者の視点でアドバイスをいただける良い機会となりました。
また、できている点として、社員を表彰する制度やクラブ活動、育児休業復帰率の高さについて評価を得られたことは弊社の従業員満足度を向上させる取り組みを後押しできると思います。
認証書を取得したことにより社員が「おもてなし」の精神に対して、その大切さを知り、自信に繋がり、今後の社員の意欲活性化の取り組みについても大いに励みになったと思います。さらに継続して活動に取り組むことで「従業員」の意欲と能力を引き出し、弊社が継続・発展していくことにつなげていきたいと考えています。

今後おもてなし認証をどのように活用していきたいですか?

認証マークの活用を通じて、より多くの方々に弊社を知っていただけたらと思っています。従業員一人ひとりのおもてなし力も高め、最高の「おもてなし」サービスとソリューションを提供しつつ、当社の弱みが明確になった点、アドバイスいただいた点に対応し、次のステップとなる紺認証を得られるように取り組んでいきたいと考えています。

株式会社ショーケース・ティービー

住所〒107-0052
東京都港区赤坂3-21-13 昭栄赤坂ビル4F
電話番号 
交通アクセス東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附」駅より徒歩3分、千代田線「赤坂」駅より徒歩5分、有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」駅より徒歩6分
営業時間・定休日平日:10:00~19:00
土日祝:休日
サイトURLhttps://www.showcase-tv.com/