一般社団法人 おもてなしマイスター協会は経済産業省が創設した「おもてなし規格認証」の認証機関です。

株式会社エスクリ

今回、3事業所で紺認証を取得されました株式会社エスクリ 人事総務部部長の鶴見さんにお話を伺いました。

事業についてご紹介ください。

弊社は2003年に創業し、主にはブライダル事業、その他にはレストラン事業やホテル事業を行っている会社です。弊社の特徴として、主要都市かつ駅から徒歩5分以内という超都市型出店や、これまでのブライダル業界の常識を変えた様々なキャラクターとのコラボレーションウエディングがあります。また、東証一部に上場しており、全国で32会場を運営し、実績として年間約8000組の婚礼を行っています。

エスクリならではのおもてなし(サービス)を教えてください。

独自のサービスとして、ワンストップサービスを行っています。ブライダルではドレスや装花、料理など様々な専門職がありますが、多くの会社では外部委託を行っています。弊社ではあえてすべての専門職を自社でまかなっています。自社だからこその一貫した情報共有と綿密なコミュニケーションにより、お客様の思いをしっかりとゲストに伝え、サプライズを演出します。また、好事例を毎月全社共有し、常におもてなしの質を高めています。

おもてなし規格認証を取得しようと思ったきっかけは何ですか?

弊社は自社サービスや人材に自信を持っていますが、サービスの客観的な基準や指標が乏しく、お客様に弊社のサービスの質の高さをどうにか伝えられないか、伝えるものはないかと探していたことがきっかけです。この「おもてなし規格認証」の取得をきっかけに、社内に対してはサービスへの自信を、社外に対してはサービスの質の高さと安心感を持っていただけるよう努めていきたいと思います。

取得するにあたり、また取得してどのような変化がありましたか?

「おもてなし規格認証」は、取得にあたり多くの基準や確認事項がありました。初めは取得は難しいかなと思っていましたが、社内で確認をすすめていくと多くの事項はすでに会場で行っていたことがわかりました。取得を通じて、改めて自社サービスや人材に対し誇りを持つことができ、自信をもって社外へアピールすることができるようになりました。ただ一方で、外国語対応やバリアフリー、地域貢献に対してはまだまだ改善の余地があることがわかりました。今後の事業展開や社会貢献を鑑みて、より多くのお客様にご満足いただけるよう、努めてまいります。

今後、おもてなし認証をどのように活用していきたいですか?

今回、「紺認証」を頂けたことは、非常にうれしく思っています。店頭や広告での会社や会場のPRに使用するとともに、サービスのご案内時にお客様に安心感を持ってもらう材料として活用していきたいと思います。まずは社内に周知し、エスクリといえば「おもてなし」と覚えていただけるよう広めていきたいと思います。

株式会社エスクリ

住所 〒105-0003 東京都港区西新橋二丁目14番1号 興和西新橋ビル
株式会社エスクリ https://www.escrit.jp/
ルミヴェール TOKYO https://tokyo.lumiveil.com/
レス アルカーナ青山 https://resarcana.jp/aoyama/
ラグナヴェール プレミア https://premier.lagunaveil.com/restaurant/#topLink